ほうれい線の消し方

エステナードソニックMOMOとRoseの違い

家庭用美顔器のエステナードソニックを紹介します。

 

エステナードソニックには3種類あり、初代のホワイト、2代目MOMO,3代目の最新機種はRoseです。

 

さすがに、初代のホワイトは、既に販売終了の機種になっていますが、ホワイト、MOMOとRoseで特徴や違いを紹介します。

 

 

 

ピンクのボディ色で女性ホルモン活性化のMOMO

 

2011年頃に販売開始になった2代目MOMOの機能には、ホワイトに比べ以下の機能が追加になりました。

 

自動スキンセンサー、18金コーティングの3Dヘッド、360℃アームの機能が新しく追加になり、自在に動くヘッドで小鼻周りも細やかに簡単にケアできるようになったのが大きな違いです。

 

それに、金属アレルギーの方でも18金ヘッドでアレルギーの心配も無くなりました。

 

また、マルチウェーブ機能の振動数が毎秒100万回までの美顔器がほとんどの中、MOMOは100万回から最大500万回までの幅広い帯域が設定できるようになり、トリートメント効果は目を見張るほどになりました。

 

そして、女性にとって嬉しいのはMOMOのピンク色の”可愛い”ボディ色です。

 

ピンク色は、単なる”可愛い”だけでなく、その色彩が女性ホルモンの活性化効果もあるので、女性ホルモンが減少してくる60代や70代の女性にも人気上昇でした!

 

 

ほうれい線対策は、絶対Rose!

 

MOMOに続いて、2012年5月に最新機種のRoseが販売開始されました。

 

Roseの特徴はマルチウェーブ機能の振動数がさらに大きくなり、最大毎秒800万回という、これまでの倍近い能力になりました。

 

さらには、自動スキンセンサー機能には特許取得のディープダイブ機能も付いて、乾燥した肌に効果的に保湿を与えることが可能になり、肌の奥までしっかりと潤いを行き届かせることができるようになりました。

 

リフトモードも、従来能力の2倍になり、ほうれい線が気になるお肌だってしっかりリフトアップできます。

 

そして、能力アップもさることながら、操作法も改善されて簡単な操作法になり、2つボタンの組合せによる選択から、ボタン一つでプッシュによる切替方法になりました。

 

電源だって、電池と電源アダプターの両方使えるようになり、電池残量の減りと共にパワーが落ちてしまうことも避けられるようになりました。

 

 

MOMOとRoseの比較

 

では、MOMOとRoseの2つの内、どちらを選ぶ人が多いのでしょう?

 

機能的には、どちらも十分な機能を持つので、決め手はデザインという人もいます。

 

私が実際に使ってみた感想では、使ってみた感じの使い易さ、操作の簡単さ、そのパワーの維持力、という観点でRoseの方に軍配があがります。

 

その違いをもう少し説明しましょう。

 

 

ヘッド

金属のヘッド部分の直径の大きさは、MOMOが35ミリ、Roseが32ミリで、小回りの利くRoseの方が、3Dヘッドの可動域としては広く感じるので、それがそのままRoseの方が使い易いと感じられます。

 

ただし、これは二つを比較して初めてわかることで、単独でMOMOを使ってみた場合には、別に使いづらさがあるわけではありません。

 

また、Roseにはトリートメントモードがあって、ヘッドが少し暖かくなるためジェルが上記に変わることでイオン効果が高くなりますが、MOMOは冷たいままなのでその効果がありません。

 

 

ボタン操作

操作性も、1ボタンになったRoseの操作性の方が圧倒的にいいです。

 

MOMOは2つのボタン(ソニックとイオン)を使って
・トリートメントとリフト:ソニックボタン1回押し+イオンボタン1回押し
・使用後:ソニックボタン1回押し+イオンボタン2回押し
・クレンジング:イオンボタン2回押し
・使用後:イオンボタン1回押し
これらの組み合わせを覚えて操作しなければならず、使い勝手はよくありません。

 

暫く使わないでいると、そもそもボタンの組み合わせを忘れてしまいます。

 

Roseの1ボタンは、押す回数で動作が変わるだけなので、簡単に覚えることができました。

 

 

操作音

操作のためにボタンを押すと、MOMOもRoseもピッという音がします。

 

MOMOは大き目の高音、Roseはやや控えめな音でMOMOほど高音でもありません。

 

家族が寝静まった後に使う時には、MOMOくらいの音だと、隣で寝ている家族に気を遣うことになるかも。

 

 

重量

本体重量は、MOMOは136g、Roseは145gで、わずか19gの差です。

 

でもRoseは、電源アダプターも使えるので、その場合は電池重量がかからなくなります。

 

そうすると、MOMOと電池なしRoseの重量の差は、単3電池4本分になります。

 

まぁ、元々が百数十gなので女性でも手が疲れるほどの重さではありませんから、電源アダプターをズルズルと引きずらない分個人的には使い易いような気もします。

 

 

まとめ

今回、2つの比較を行なってみて一番感じたのは、ヘッドの差で、これは私自身ちょっとした驚きでした。

 

実際には、エステナードソニックのどの機能を一番大事だと判断するかでMOMOなのかRoseなのかが変わります。

 

しかし、全般的な機能で判断するなら、金属アレルギーがある人や極端に肌が弱い人でなければ、パワー、機能いずれの面においても新機種のRoseを選択すべきだと思います。