ほうれい線の消し方

イオン導入って何?効果あるの?

 

美顔器にも、様々な機能を持った美顔器があり、用途に応じた美顔器を選ぶべきでしょう。

 

今回は、「イオン導入」についてご説明します。

 

 

 

 

 

 

イオンの力ってどんなのか知ってます?

 

イオンって“マイナスイオン”とか“空気清浄機”とかで言葉としては良さそうな気はするんですけど、美顔器に使われるとしたら、どのような仕組みになっているのか、本当にどんな効果があるのか、わかりますか?

 

「イオン導入」とは、微弱な電流を肌表面に流し、浸透しにくいビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容成分を、イオン効果で肌の奥まで浸透させる方法のことを言います。

 

私たちのお肌の空気に接する一番外側は角質層と呼ばれ、酸性でプラスイオンが多い部分です。

 

しかし、お肌の内側は顆粒層と呼ばれ、アルカリ性でマイナスイオンが多くなっています。

 

この角質層と顆粒層のプラスとマイナスの間に電気的に反発しあう膜ができあがり、この膜が美容成分の浸透性を遮る働きをしてしまい、せっかくの美容成分が肌の奥まで浸透しづらくなります。

 

 

ここで大きな役目を果たすのがイオン導入器です。

 

電流を肌に流すことで角質層と顆粒層が中性に変化し、電流の流れる膜の働きが弱まって、美容成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

 

美容成分のビタミンC誘導体はマイナスイオンを帯びていますが、このマイナスイオンをイオン導入器では生かします。

 

同じ電荷同士(ex.マイナスとマイナス、プラスとプラス)は反発する作用があり、マイナスの電極を肌に当てることで、マイナスイオンを持つビタミンC誘導体が皮膚の奥まで押し込まれるように浸透していくのです。

 

イオン導入って何?

 

 

イオン導入器は、「イオン導出」によってお肌を肌の奥からキレイにし、「イオン導入」によって美容成分を肌の奥へと浸透させるのです。

 

イオン導入器を使った美容法は、手やコットンを使ってスキンケア化粧品を直接肌につける方法よりも、浸透力の観点では数十倍高い浸透力を発揮します。

 

以前、イオン導入は皮膚科や美容皮膚科での施術がほとんどでしたが、最近では市販のイオン導入器も販売されるようになりました。

 

自宅でゆったりとくつろぎながら、お肌のお手入れを気軽にできるようになったのです。

 

もちろん、市販品でも肌の感触の違いを実感できる性能は十分にあります。

 

 

 

イオン導入器は、メーカによる差はあれど、基本的には使い方は同じです。

 

まずは、毎日のあなた自身の手でやっているスキンケアを、イオン導入器に変更します。

 

コットンにイオン導入用の化粧品を染み込ませて、上の画像のようにセットします。

 

それを肌に当てて、イオン導入器のスイッチを入れると振動が始まり肌の上を滑るようになります。

 

このイオン導入器は、片手で簡単に握れるくらいの大きさですので、ササッと取り出して、女性でも手軽に扱えます。

 

 

 

メーカによっては、使える化粧水が指定されている場合もありますし、逆に乳液や美容液も使える場合もあります。

 

肌に合うスキンケア商品を使えるのか、どれくらいのコストがかかるのか、など長く使うためには大きな判断要素にもなりますから、イオン導入器の商品説明や、使っている人の口コミなども参考にして、自分に合ったイオン導入器を見つけるようにしましょう。