イオン導出 効果

イオン導出って何?

「イオン導出」とはイオン導入器を使ったクレンジングのことを言います。

 

イオン導入器の機能は、肌にイオンを導入(浸透)させることですが、 そのとき使うイオンはマイナスイオンです。

 

イオンをプラスイオンに変換すると、逆方向に働き、お肌に付着している成分や老廃物を導出(吸い出す)する働きをします。

 

 

 

 

これがイオンクレンジングと呼ばれる「イオン導出」です。

 

実は、イオン導入器が一つあれば、マイナスかプラスかを選択することで、クレンジングにもイオン導入にもどちらにも使えるのです。

 

イオン導出のクレンジングを行なうと、ファンデーションの微粒子などマイナスを帯びた汚れが毛穴の奥から導き出され、汚れを吸い取ることができます。

 

 

 

 

イオン導出を行なう時には、まずイオン導入器をイオン導出モードにします。

 

次に、ヒタヒタになるくらいに水をしみ込ませたコットンをイオン導入器にセットします。

 

そしてイオン導入と同じ様に、コットンを肌の上にまんべんなく当てていきます。

 

お肌の奥に合った汚れがコットンに付着するため、どれくらいの汚れが導出されたのか、一目でわかります。

 

 

 

普段取れない汚れがコットンにビッシリ付いているのを見ると気持ち良いですが、やり過ぎは禁物です。

 

しかし、この汚れが残ったままにしておくと、せっかくイオン導入を行っても、美容成分が十分に浸透しきることができず、浸透できなかった成分は、さらに残りカスとなってしまい悪循環になります。

 

また、カスが溜まった不衛生な状態を続けていると、ニキビや肌荒れ、毛穴の黒ずみの原因にもなります。

 

それを防ぐためにも、イオン導出によるディープクレンジングが大切なのです。

 

肌の奥の汚れがしっかり落とせるため、肌の明るさや透明感を増すことができ、さらに毛穴がきれいになることで有効成分が浸透しやすくなる準備もバッチリです。

 

イオン導入器を選ぶ時には、イオン導出の機能が付いているものを選べば、二つの機能でお肌のケアの効果を高めることができます。

 

ただ、イオン導入をやり過ぎると、角質が取れ過ぎて、かえって肌荒れやニキビなどのトラブルの元になることもありますから、イオン導入を行なうのは、週に1〜2回にしておいてください。