ほうれい線の消し方 イオン導入の根拠

イオン導入が効果あるのかどうか?根拠は?

 

美顔器を使う前には、イオン導入の本当の効果を調べてみないと、本当に効果があるのか、心配ですよね。

 

最近市販されている美顔器には、イオン導出機能もイオン導入機能も、ほぼ間違いなく両方の機能を備えています。

 

でも、これら二つの機能の本当の効果を確認することって、どうやればいいんでしょう?

 

実は、私は最初のころはイオン導入なんて嘘くさ〜い・・なんて怪しんでいました。

 

でも、身近な友人がイオン導入の美顔器を購入していたことを知って、試してみよう~ってちゃっかり貸してもらいました。

 

自分で実際に使ってみたら、結構イイかも・・・なんて思って、ますます興味を引かれるようになりました。

 

 

イオン導入とは

 

イオン導入は、皮膚に微弱な電流を流し、水溶性の美容成分のイオン化傾向をうまく使って皮膚の奥まで効果的に浸透させる方法です。

 

その具体的な仕組みですが、マイナスの電極を顔の皮膚に当て、プラスの電極を手に持つと、マイナスとプラスの間に電流が流れます。

 

美容成分のビタミンC誘導体はマイナスに帯電しているため、マイナス電極との間の反発力によって皮膚の奥へと浸透する作用が強く働きます。

 

これがイオン導入の働きです。

 

イオン導入が効果あるのかどうか?根拠は?

 

 

この浸透性には、分子の大きな成分やイオンでは発揮しづらく、具体的にはコラーゲンやヒアルロン酸では大きな効果は期待できません。

 

 

 なぜ、イオン導入がいいのか

 

イオン導入が良いとされるのには理由があります。

 

美容成分などの薬物を体内に効果的に浸透させる方法としては、注射器によるものもありますが、人間にとっては体への負担が大きいのです。

 

それに比較してイオン導入ならこの負担を小さくすることができるからです。

 

また、近年の多くの研究も進んできており、美容だけではなく医療分野にも広がって、抗潰瘍剤、不整脈治療剤、糖尿病治療剤、鎮静剤等様々な分野の薬物でもイオン導入の研究が多く行われるようになってきました。

 

アメリカでは、これらの研究成果から、FDA(アメリカ食品医薬局)がイオン導入器を認可し、販売されるようになりました。

 

その中でも一番使われているイオン導入は、膿胞性線維症診断に使われるピロカルピン塩類イオン導入や、歯科で注射を嫌がる子供の局所麻酔のためのリドカインのイオン導入です。

 

日本では、美容分野のビタミンC誘導体での使用の方が認知度が高く、2001年には日本香粧品科学界での広島県立大学の発表で、ビタミンC誘導体では塗布とイオン導入での浸透効果比較は何倍もイオン導入の方が優位であるという研究成果報告がなされています。

 

 

イオン導入の問題点

 

イオン導入にも、問題点はあります。

 

それは、電流を皮膚に流すことによる刺激です。

 

使う時に1か所に長時間イオン導入を続けていると、水が電気分解されてマイナス側の電極付近にプラスイオンが集まり、強アルカリ性に変化してきます。

 

強アルカリ性は、皮膚への刺激が強いため、皮膚へのトラブルも発生しやすくなります。

 

なので、導入時間の短縮化のための研究も進められています。

 

イオン導入で守るべきことは、イオン導入を行なう前にイオン導出や洗顔料で皮膚をキレイにすること、また、肌表面の傷は電流が流れやすくなり刺激が拡大されてしまうので、傷の部分に電極を近づけないこと、が大切です。

 

 

イオン導入器の種類

 

イオン導入器は、その電流の種類によって4つの種類に区分されます。

 

イオン導入が効果あるのかどうか?根拠は?

 

 

どのイオン導入器がおすすめ?

 

でも、この4種類のイオン導入器の中で、一体どれを選ぶのが一番いいのでしょうか?

 

美容のために使うのであれば、薬剤としてはビタミンC誘導体を使うことが一番多いでしょうから、その導入効果が一番高いものを選ぶのがいい、という答えになります。

 

広島県立大学が発表した研究報告では、交流型が一番効果が高いとされています。

 

一般的にも同じ答えになるかというと、そうではなくて、イオン導入をしたい薬物によって、一番いいイオン導入器は異なります。

 

分子の大きな薬剤を使う場合は、パルス脱分極直流型が良いと言われており、これからの発展に期待が持てるタイプです。

 

しかし、分子の大きくないビタミンC誘導体を使う場合には、特徴である電流の強さは、かえってビタミンCの酸化を早める作用になってしまい、効果が得られません。

 

パルス直流型の中には、電流の量を変化させることができる高価なタイプもありますが、やはりパルス脱分極直流型と同じでビタミンC誘導体には向きません。

 

ただ、パルス直流型では周波数を変化させることで導入量を変化させることができることが分ってきており、ビタミンC誘導体に最適な周波数の研究が進めばやがては改善されたタイプが開発されるかも知れません。

 

 

シミ治療にも

 

イオン導入は、女性のお肌の大きな悩みの一つであるシミにも効果的です。

 

シミを治療しようとすると、皮膚科でのレーザー治療や、薬剤、美白美容液などがありますが、それなりにコストがかかりますよね。

 

ですから、イオン導入器を使うべきか、それ以外の方法をとるのかは、両者の比較をしっかり考えたほうがいいでしょう。

 

イオン導入器も決して安いものではないですから、お金にこだわらずにエステでイオン導入を行なうことを考えているなら、選択肢としては良いかもしれません。

 

また、そういう場合には、家庭用もエステで使われる業務用もイオン導入器自体の性能に大きく差はありませんから、自分用に購入したほうがトータルコストは安くなるかもしれません。

 

 

イオン導入の実施頻度

 

イオン導入を行なうなら、やり過ぎはかえって肌を傷めるため、タイミングを守ることも大切。

 

1週間に1~2回、イオン導入をしたら3日間は間を空けるようにしてください。

 

効果を感じたら、頻度を上げて効果を求める人がいますが、それは逆効果になりますので、やめてください。

 

それと、シミ対策として集中的にシミのある部分にイオン導入器を当てることも、かえって刺激になりシミにも逆効果です。

 

使う時には、顔全体にまんべんなく当たるように使いましょう。

 

 

 

 

 

イオン導入による薬剤の吸収効果

イオン導入の薬剤の吸収効果は、どのように判断できるんでしょうか?

 

なんか良さそう、って人間の感覚だけではなく、その効果は理論的に関数式として表わされているんです。

 

つまり、美顔器は、その理論に基づいてその仕組みや電流の強さの制御をして、効果的にイオン導入ができるように作られているってわけ。

 

ここからは、研究成果の抜粋を記載しますから、そんな理論の詳細に興味がなければスルーしてくださいね。

 

 

数式で表してみよう

まず、薬剤の吸収率を表わす、単位面積当たりの皮膚透過速度dQ/dtは、次の式で表わすことができます。
イオン導入が効果あるのかどうか?根拠は?
K:薬物の皮膚/基剤分配係数、
CvとAv:基剤中の薬物濃度と活量、
Dsとγs:皮膚中薬物の拡散係数と活量係数、
Ls:皮膚バリアーの厚さ

 

また、イオン導入を行なう場合の薬剤の皮膚透過性は、 以下のNernst−Planckの式で表わすことができます。
イオン導入が効果あるのかどうか?根拠は?
dQ/dt:薬物の単位面積当たりの皮膚透過速度、
K:薬物の皮膚/基剤分配係数、
Cv:基剤中の薬物濃度、
Ds:皮膚中薬物の拡散係数、
Ls:皮膚バリアーの厚さ、
z:イオンの電荷、
F:ファラデー定数、
R:ガス定数、
T:絶対温度、
Δψ:膜を介した電位差

 

これらの式でイオン導入の効果を測ることができます。

 

この式は、皮膚表面と体の中の電位差により、電荷を有する薬剤の吸収率を高めることが可能だという意味を示しています。

 

実際のイオン導入での薬剤の浸透は、皮膚の一番外側の角質層の電気抵抗が高いため、薬剤は汗腺などの電流が流れやすい器官に沿って皮膚内に浸透すると考えられています。(Kenji S,FJ,4.17.1996より改変)

 

 

イオン導入に関する研究

イオン導入については、学会でも数多くの研究が報告されています。
Chien Y.,J.Pharm.Sci.,78.353.1989,
Tyle P.,Pharm.Res.,3.318.1986,
Chien Y.J.Control.Rel.,13.263.1990,
Burnet R.,J.Pharm.Sci.,76.765.1987、

 

特許出願についても、パルス型イオン導入の最適条件について研究した摺出寺,薬学雑誌,109.771.1989等他、沢山出されています。

 

しかし、それらの中でもビタミンCあるいはビタミンC誘導体についての研究は数少なく、ビタミンCを利用したシミ治療でのイオン導入についての下記の2つの研究のみです。
高瀬、日皮会誌、72.554.1962、
鈴木.日美外報20(2).8.1998

 

その他のイオン導入の研究では、生理学会(01年)に発表された徳島大学の美容機器メーカーとの共同研究で、ビタミンCのマウスの皮膚でのイオン導入についての研究があります。

 

しかし、この研究結果では、皮膚内に浸透したビタミンC濃度の測定のみで、ビタミンCが酸化した結果に生成されるデヒドロアスコルビン酸の濃度が測定されていないため、イオン導入が可能であることははわかるが、最適条件で行われたかどうかはわからず、研究成果としては十分なものとの評価にはなっていません。

 

その他の研究は皮膚学会(01年)で、シミへの効果を研究したものでした。

 

肝斑のある10名にビタミンCのイオン導入を週2回計10回行ない、シミが薄くなる効果を報告しています。

 

また、香粧品科学会(01年)では、広島県立大学の研究報告がなされています。

 

その研究では、ヒト摘出皮膚組織において、単純に塗布とイオン導入とを比較し、イオン導入の浸透性が高いという結果が報告されています。

 

しかし、その場合電流量に浸透率が比例しますが、酸化される割合も多くなりダメージにつながることも確認されており、最適条件はまだまだ明確ではありません。

 

研究成果は以上のようなものがありますが、ビタミンC誘導体のイオン導入器を販売する電機メーカーや化粧品会社が持つ、周波数と電流量、その際のビタミンC浸透量などのデータも公表されているものはほぼありません。

 

できるなら、販売の宣伝費よりも、こういう基礎研究に費用をかけてほしいものだと、使うユーザーとしては考えてしまいますね。

 

(2001.9.14日刊工業新聞記事より:
広島県立大学の発表で、ビューリについては、単純な塗布に比べ表皮で1.9〜4倍、真皮で2〜2.7倍で、イオン導入では一般的な血液中の濃度の4百〜6百倍となった。)

 

 

学会発表(予稿集より):第100回皮膚学会

【発表者】東邦大
【テーマ】アスコルビン酸のイオン導入法による経皮浸透度及び臨床効果の研究

 

この研究は、ラットの背中の皮膚を使ったイオン導入法によるアスコルビン酸の浸透率を調べたものです。

 

微小透析法で、皮膚の内側細胞附近の遊離アスコルビン酸濃度測定をしたところ、イオン導入では2.4倍もの優位性があり、かつ、その状態はしばらく継続することも確認されています。

 

この結果を受けて、肝斑に悩む30代〜40代の女性10名に、一重盲検ハーフサイド法のイオン導入を行ない、導入前後の肝斑の色を測定されています。

 

アスコルビン酸を導入した部分は、精製水を使った部分よりも明らかな色の差が確認され、イオン導入によるアスコルビン酸の肝斑治療の効果が確認されました。

 

その後の、2002年の生理学会では、この研究はアスコルビン酸からビタミンC誘導体での研究に変更されています。

 

研究では5%ピュアビタミンCでの報告でしたが、イオン導入を家庭で行う場合には、ビタミンC誘導体を用いるほうがよいとされています。

 

学会発表(予稿集より):第26回香粧品学会

【発表者】広島県立大学
【テーマ】イオンフォトレーシスによるプロビタミンCのヒト皮膚摘出片への浸透促進効果の研究

 

イオンフォトレーシス(イオン導入)は、皮膚の深部まで低分子イオンを浸透させることは可能ですが、その効果は画期的とまでは言えず、具体的な新党の仕組みも解明されているわけではありません。

 

この研究では、皮膚表面の塗布より沢山浸透させるため、酸化分解しにくくビタミンCに変換しやすいプロビタミンCを使ったイオン導入が行なわれています。

 

その実践方法は、健康なヒトの皮膚組織による、プロビタミンCのアスコルビン酸リン酸エステルマグネシウム塩(APM)や同ナトリウム塩(APS)を用いたイオン導入(0.1〜1.0mA)です。

 

研究成果では、イオン導入により、皮膚組織中のアスコルビン酸濃度が表皮でも真皮でも上がることが分っています。

 

ただし、この研究ではアスコルビン酸が電流により酸化したデヒドロアスコルビン酸の量が測定されておらず、この研究で実施された条件が最適なのかどうかは不明だという評価になっています。

 

手作りでできるイオン導入器
イオン導入器は化粧品会社や美容機器メーカーがこぞって開発販売しています。

 

でも、広告でシートパックより100倍の浸透率があると書かれていますが、それは研究室で行なった培養された皮膚での実験結果であり、実際の人間の皮膚での研究成果ではありません。

 

効果の条件は正しく理解し、誤解の無いようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りイオン導入器

イオン導入器は試してみたいけれど、市販のイオン導入器は高いので手が出ないという方は、手作りでイオン導入器を作ってみませんか?

 

日経ヘルスの2002年2月号に、手作りの初期型直流型イオン導入器が紹介されています。

 

ただし、3分以上続けて使用しないように注意してくださいね。

 

イオン導入が効果あるのかどうか?根拠は?

 

 

 

 

 

イオン導入器まとめ

イオン導入の効果が、美容液の塗布よりも数倍浸透力が高いというのは、証明されている紛れもない事実です。

 

でも、あくまでもイオン導入の効果は、イオン導入可能な一部の成分のみに入れることですし、電流の流し方や強さによってはせっかく浸透した成分を破壊してしまうこともあります。

 

現在市販されている美顔器には、専用の美容液が使われており、まずはそれで試してみることをお勧めします。

 

その上で自分の肌に合わなければ、化粧品を変えてイオン導入を試してみると、自分に合うものを見つけ出すことができるかもしれません。

 

しかし、使う美顔器の種類によっては、化粧品の成分が合わないこともありますので、美顔器の仕組みもしっかり確認して使ってくださいね。